日本バプテスト連合信仰宣言

(2002年第39回年次総会で採用、2003年第40回年次総会で一部修正)

 

 1.主イエスが弟子たちに示されたように、互いに愛し合うならば、私たちは神を愛する者の集まりであって、権威ある新約教会としての姿を表している。それ故に、愛することは、主イエス・キリストの大いなる戒めであり、他のすべての教えの基となり、宣教の原動力となる。

 

*マタイ22:35-40、ヨハネ13:34,35、15:12、Ⅰヨハネ4:7-21、5:1-3、黙示録2:4-5

 

2.聖書はすべて、一言一句、誤りなき、神の霊感によって書かれた言葉であり、信仰と実践とに必要かつ十分な規範である。

*詩篇119:160、Ⅱテモテ3:16-17

 

3.創世記における天地創造の記述は正しく、そのまま受け入れるに足るものである。

*創世記1-2章

 

4.三位一体の神、父・子・聖霊は、神性において完全に等しい。

*マタイ28:19-20

 

5.イエス・キリストは、神である。

*ヨハネ10:30、1:1,14、Ⅱコリント5:19

 

6.イエス・キリストは処女から生まれ、人となり、罪なき生涯を全うした。

*マタイ1:18-20、Ⅱコリント5:21、Ⅰペテロ2:22、ピリピ2:6-8

 

7.サタンは、天使が堕落し、神と人の敵となったこの世の神であり、悪霊のかしらである。その終極のさばきは永遠の火の池である。

*イザヤ14:12-15、エゼキエル28:11-19、マタイ25:41、Ⅱコリント4:4、エペソ2:2、6:10-17、黙示録20:10

 

8.聖霊は、教会のかしらなるイエス・キリストに代わる導き手であり、執行者である。

*ルカ24:49、ヨハネ14:16,17、使徒1:4,5,8、2:1-4

 

9.聖霊の超自然的な賜物は、聖書が完成された時に廃れた。信仰と希望と愛が、いつまでも存続する。

*Ⅰコリント12-14章、ヨハネ4:48、使徒2:43、4:30、ヘブル2:3-4、使徒1:15-26

 

10.人は神のかたちに創造され、罪なき状態を保ったが、自らすすんで罪を犯したため、その子孫である全人類は罪人となった。

*創世記1:26、3:6-24、ローマ5:12,19

 

11.イエス・キリストの苦難と死は、全人類の罪の贖いであり、ただ信じる者にのみ罪の赦しが与えられる。

*イザヤ53:6、ヘブル2:9、Ⅰペテロ2:24、3:18、Ⅱペテロ3:9、Ⅰヨハネ2:2

 

12.罪人は、神の恵みにより、イエス・キリストを信じる信仰によってのみ救われる。神の子となる必要条件は、神に対する悔い改めとイエス・キリストに対する信仰である。聖霊は罪人に罪の意識をもたせ、新しく生まれかわらせ、神の子として証印し、安全を保証し、信者ひとりひとりのうちに宿る。

*ヨハネ3:6、16:8、ローマ8:9-11、Ⅰコリント6:19,20、エペソ4:30、テトス3:5

 

13.イエス・キリストを信じて救われた者は、すべて、永遠に主に守られて安全であり、絶対に滅びることがない。

*ヨハネ3:36、5:24、10:27-30、ローマ8:35-39、ヘブル10:39、Ⅰペテロ1:5

 

14.神は信じる者を自分の子として扱い、従順な者には報酬を与え、不従順な者には懲らしめをもって導く。

*マタイ16:27、25:14-23、ヨハネ1:12、ヘブル12:5-11、Ⅱヨハネ8、黙示録22:12

 

15.イエス・キリストは肉体をもって復活し、昇天した。聖徒たちも同様に肉体をもって復活する。

*マタイ28:1-7、使徒1:9-11、Ⅰコリント15:42-58、Ⅰテサロニケ4:13-18

 

16.キリストは千年王国時代の前に体を持って再臨する。それは異邦人時代の幕を閉じる最も栄光に満ちた出来事である。その時、義人の復活が起こる。そして義人は千年王国時代の後に新天新地の天国に入る。不義なる者の復活は、千年王国時代の終わりに起こり、永遠の刑罰を受けるために火の池に投げ込まれる。

*ヨハネ14:1-6、Ⅰテサロニケ4:13-18、Ⅱテサロニケ2:8、黙示録19章、20:4-6,11-15、21:8

 

17.イエス・キリストは、宣教中に御自身の教会を創立した。その教会は、聖書に従ってバプテスマを受けた信者が、主イエス・キリストの宣教命令を遂行するために誓約し合った個別集会である。個々の教会は独立自治の集会であり、他のいかなる教会や宗教団体からも支配されない。イエス・キリストは、新約教会に対してのみ、その不滅を約束し、宣教命令を一任した。

*マタイ4:18-22、16:18、28:19,20、マルコ1:14-20、ヨハネ1:35-51、エペソ3:21

 

18.主の教会には、バプテスマと主の晩餐の二つの定めがある。聖書に述べられているバプテスマはキリストの死と埋葬と復活を表す。また、それは悔い改めた信者が全身水面下に沈められる浸礼であって、父と子と聖霊の名において、主の教会の権威により執行されるものである。主の晩餐は、これを行う教会の会員に限定される。パンはキリストの体を、杯はキリストの血を記念する。

*マタイ28:19,20、使徒8:12,38、ローマ6:4、Ⅰコリント5:11-13、11:1,2,17-20,26

 

19.教会には、神によって定められた二つの職務がある。牧師職と執事職であり、テモテへの第一の手紙とテトスへの手紙に明らかにされているように、資格を有する男性によって職務を全うされるべきである。

*Ⅰテモテ2:12、3:1-7、テトス1:6-9

 

20.連合、協議会、委員会等すべて協力体は、まさしく諸教会の下に置く。

*マタイ20:25-28

 

21.私たちは国家の干渉なく自由に礼拝し、聖書の教えに従い、良き国民として国家の法律や規則を遵守する。ただし、神の教えと異なる場合には、神に従う。

*ローマ13:1-7、Ⅰペテロ2:13-15、使徒5:29

    ©2019 by 日本バプテスト連合 Japan Baptist Association。